むし歯治療

むし歯治療

初期のむし歯に関しまして当院では予防の観点から、C1くらいの虫歯では特に治療する事はいたしません。歯は一度削ると元には戻せません。虫歯を削り落としたところは代用の人口材料に置き換えるしかありません。それは虫歯が治った訳では無いのです。出来るだけ予防メンテナンスにより虫歯が再石灰化出来るように導いていければと考えております。一度虫歯で穴があいてしまうと再石灰化での歯の再生は出来なくなるので、保険診療であれば虫歯を取り除きプラスティック若しくは金属で補うことになります。それ以外の材料をご希望の方はその旨お申し付けください。

むし歯治療

初期の虫歯はダイアグノデントという虫歯の深さを測るレーザーで虫歯の深度を計測します。そこである一定の深さまで達していない虫歯の場合フッ素を塗布したり清掃をして経過観察をおこないます。それにより虫歯が進行しない場合や再石灰化が足され虫歯が治ることもあります。 経過をみて更に進行するようであれば治療を開始します。

続いてレントゲンで明らかに治療をしないといけないくらいの虫歯が認められた場合、最小限虫歯を取り除きその部分に詰め物をしていきます。

3MIX-MP法

虫歯が神経付近、又は神経まで到達してる場合でもこの治療の適応範囲であれば神経を保存して部分的な詰め物で回復します。既に神経に痛みなどの症状が出ていたり、神経が虫歯の感染を受けてしまってる場合は神経を取り除く治療を行います。根管治療を参照してください

むし歯の要因

むし歯の原因には、3つあります。細菌、食べ物、歯質の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。

原因1原因細菌(ミュータンス菌)

細菌(ミュータンス菌)ミュータンス菌

ミュータンス菌は約1μm(1/1000mm)の球状の菌です。歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、糖質から酸を作り出します。 その酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろく、スカスカにしてしまいます。

原因2原因食べ物

食べ物

食べ物に含まれている糖質(特に砂糖)は、ミュータンス菌が酸を作る材料に使われます。 間食が多い人や、キャンディーやドリンクなど甘いものをよく摂る習慣のある人は、歯の表面が酸にさらされる時間が長いため、むし歯になりやすくなります。
食べる量よりも時間が食べている時間が長い方がむし歯になりやすいので、ダラダラ食べるのはやめましょう。

原因3原因細歯の質

歯の質

歯が作られる時の環境の違いなどで個人差がありますが、エナメル質や象牙質の状況(=歯の質)によって、むし歯になりやすい人もいます。特に乳歯や永久歯が生えたばかりの子どもは注意が必要です。
丈夫な歯を育てるためには、歯の土台を作る良質なタンパク質、歯の再石灰化のために必要なカルシウムやリン、また、これらがうまく働くためのビタミン(A、C、D)などの栄養素が必要です。バランスの良い食事を心がけましょう。

むし歯の進行について

初期期むし歯(CO)※治療の必要はありません

初期期むし歯(CO)

【症状】自覚症状はありません。

まだ歯に穴はあいていないが、表面が溶かされてツヤがなくなり、白く濁って見えたり薄い茶色になったりします。
※この初期むし歯の状態であれば、「再石灰化」によって健康な歯に戻すことができます。

エナメル質のむし歯(C1)

エナメル質のむし歯(C1)

【症状】痛みやしみる感じはない。

歯の表面(エナメル質)の限られた狭い範囲に穴ができている状態。

象牙質まで進んだむし歯(C2)

象牙質まで進んだむし歯(C2)

【症状】冷たい飲食物で痛みを感じる。

むし歯が歯の内部に広がり、象牙質まで進んだ状態。

神経まで進んだむし歯(C3)

神経まで進んだむし歯(C3)

【症状】激しい痛みがある。

むし歯が神経(歯髄)まで進んでいる状態。
表面の穴は必ずしも大きくなく、内部で広がっていることがある。

歯根だけ残ったむし歯(C4)

歯根だけ残ったむし歯(C4)

【症状】神経(歯髄)が死んでしまい、痛みを感じなくなる。

歯冠部(歯ぐき〈歯肉〉から上の見える部分)がほとんど崩壊し、歯根だけ残った状態。放置すると全身の健康を害する病巣となるが、この状態になると治療は困難になり、通常は歯を抜くことになる。

その他のよくある症状について

知覚過敏

知覚過敏

考えられる原因

乱れた咬み合わせや歯ぎしり、強い力でのブラッシング、過度のホワイトニングなどでエナメル質がはがれるといった原因が考えられます。

歯の表面のエナメル質がはがれると、歯の神経に刺激が伝わり痛みが生じるのです。

対処法

当院での知覚過敏の治療は最初は知覚過敏抑制剤を塗布します。数回塗布するとより効果的です。しみる症状が強い時にはプラスチック材料をはって、刺激を受けやすい部分をコーティング保護します。ご自身での解決法はキシリトールやポスカエフなどのガムを噛む事で唾液が分泌され、唾液の成分であるカルシウムやリンなどのミネラルを補い歯が強化され知覚過敏が改善する場合があります。また露出した歯の根っこにプラークが付着しているとプラークが酸を出しその刺激でしみる事があるため、プラークを常に取り除くことで知覚過が軽減されます。また市販の知覚過敏を改善する歯磨きペーストの使用も効果的です。

歯周病

歯周病

歯周病とは、歯を支えている周囲の組織(歯ぐき・骨)の病気です。
日ごろのお口のクリーニング・ケアが不充分だと、細菌が増殖して歯ぐきに炎症が起こり、やがて歯を支える骨が溶けていきます。
詳しくは歯周病についてを参照してください

考えられる原因

歯周病の原因は細菌です。いろいろな細菌が集まって歯に付着したものがプラークです。このプラークを除去して病気が進行しないようにすること、これがプラークコントロールです。
毎日正しく、ご自分でケアを行うこと(セルフケア)と定期的なプロによる清掃(プロケア)を両立させることが予防のカギとなります。

対処法

ブラッシング時は、できれば市販の歯磨き粉ではなく、当院でも販売している殺菌効果の非常に高いEO水をつけながらブラッシングされるのがより効果的です。また、ブラッシングが終わった歯ブラシはかなりの細菌が毛先に残留しており、洗面台に置いている間に増殖してしまいます。

歯周病の進行段階

○P1

○P1

歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシング時に出血しやすくなります。
歯の表面がザラザラした感じになります。

○P2

○P2

歯ぐきの腫れは強くなり、ちょっとした刺激で出血するようになります。歯ぐきの溝が深くなり、血の中に膿が混じりはじめます。口臭が発生し、口の中がネバネバした感じになります。

○P3

○P3

歯ぐきの腫れはより強くなり、広範囲になります。歯に少しずつ揺れが出てきます。咬み合わせたときに痛み、不快感が出てきます。歯の支えが弱くなり、歯並びが乱れてきます。強い口臭が発生し、社会生活に支障をきたす場合もあります。

○P4

○P4

歯を支える骨の支柱が失われ、咬む度に大きく揺れるようになります。食事のときも歯ごたえのあるものは全く咬めなくなります。歯ぐきに膿が多量に溜まり腫れが顕著になります。放置すると顎の骨が溶けて重篤な病気になります。

歯周病の怖さ

歯周病は歯を失う大きな原因となっており、成人の80%は歯周病と言われています。 最も恐ろしいのは痛み無く進行することで、気づいたときには手遅れ、なんてケースは本当によくあります。 そもそも気づかない人の方が多いのが歯周病の特徴です。今は歯科医療も進んでおり、治療やインプラントといった技術だけでなく、歯周病予防も注目されています。 数十年後の歯のことをしっかり考えましょう。

menu